カードの管理はしっかりとしないとダメ

クレジットカードはたいへん便利なものですが、その利用方法には注意が必要な点もあります。 どんな物事にも、メリットがあればデメリットもありますよね。 クレジットカードは現金がなくても買い物ができますし、いまはさまざまなポイントがついたりして賢く利用している人も多く、たくさんのメリットがあります。 しかし、便利だし、ポイントが貯まるからという理由で、たくさん作ればいいのかというとそうではありません。 クレジットカードはお金と同じか、使える金額の大きさを考えるとそれ以上ともいえるくらいですので、しっかりとした管理が必要になります。 管理は多少めんどうな部分はありますのでデメリットに感じる人もいるかもしれませんが、とても大切なものですので、慎重に管理をしなくてはなりません。 たまに「クレジットカードを持っていない」という人がいたりしますが、理由を聞くと「管理できそうにない」「怖い」「なくても困らない」ということでした。 もちろん、クレジットカードを持つ、持たないというのは本人が決めることですが、このような理由を聞くと、確かに管理できないと自分で思っているなら、持たないのが一番賢い選択かな、と思います。 クレジットカードでの買い物は、今は手元に現金がなくてもできてしまいますよね。 もちろん、きちんと管理していて、今手元にある分から払っているという人もたくさんいます。 しかし、中には未来の収入をあてにしてクレジットカードを使っているという人もいるでしょう。 もちろん、収入に対してオーバーするほど使ってしまってなければ問題はありません。 しかし、本来は使ってはいけないようなお金の部分までカードで支払いをしてしまったり、それでまた現金が足りなくなってさらに未来の分までカードで支払いをする……ということを繰り返していくと、はじめは少額だったかもしれませんがどんどんとクレジットカードで支払うお金が増えていってしまい、返済がたいへんになる恐れもあります。 カードの管理はしっかりとしましょうね。