何枚も持っていると使いすぎることだって

みなさんは、クレジットカードを何枚くらい持っていますか? よく行くデパートのカード、電機屋さんのカード、スーパーのカード等々……、それぞれにポイントが貯まったり、利用額に応じてサービスが変わったりとお得なことがたくさんあるので、ついついカードそのものも増えてしまいますよね。 利用用途によって賢く使い分けているという人も多いでしょう。 昔に比べると「カードの年間利用料無料」というのも増えていますし、そういう意味でも複数枚のカードを持ちやすくなったと言えると思います。 しかし、利用用途によって分けていたり、カードをたくさん持っていたりすると、当然ですがカードを管理する必要が出てきますし「このカードで何を買って今月はいくら使った」といったことを覚えておかなくてはなりません。 クレジットカードによって、いつからいつまでの分といった期間や、何日払いといった支払日の日付も異なりますので、どのカードをどれだけ使って、いつどのくらい請求がくるのかといったことも管理する必要が出てきます。 みなさん、これちゃんと出来ていますか? 正直に言って、カードが増えれば増えるだけ、難しくなってきますよね。 もちろん、中にはきちんと家計簿をつけていて、カードの利用と請求書の中身まですべてチェックして把握しているという人もいると思います。 でもすべての人がそれをできているかというと、それは疑問ですよね。 管理できていない人は、何枚もカードを持っているとつい使いすぎてしまうというケースもあるでしょう。 「メインで使っているカードの分はなんとなく把握しているけど……、あれ今月こっちのカードの請求こんなに!?」といったことだって起こる可能性は多いにあります。 複数のカードを使うことが悪いわけではありません。 しかし、お得な特典を使いこなすためにも、自分がきちんと管理できる量のカード枚数にしておくことが大切です。 みなさんは今、何枚クレジットカードを持っていますか? それが本当に必要なカードなのか、一度検討してみてはいかがでしょうか。